新型コロナの5類移行は5月8日

政府は26日、新型コロナウイルスの 感染症法上の位置づけを現在の 「新型インフルエンザ等感染症」から 季節性インフルエンザと同等の「5類」に する移行日を、5月8日とする方針を 固めたそうです。 岸田文雄首相と加藤勝信厚生労働相ら 関係閣僚が首相官邸で協議し、確認した。 27日に新型コロナ感染症対策本部を 開き、正式決定する。 また全額公費で負担している治療や 入院…

続きを読む

ガーシー議員

昨年7月の初当選以来、海外に 滞在して一度も国会に出席していないN HK党のガーシー参議院議員について、 自民党と立憲民主党の参議院幹部が 24日に会談し、国会で懲罰を科す 方向で一致したことを、各メディアが報じた。 会談を終えた自民党・世耕弘成参院幹事長は、 「ガーシー議員がこの通常国会でも登院、 今のところしていないということに関して、 懲罰に付するということに関しては…

続きを読む

首相、総裁選前の衆院解散示唆

岸田文雄首相は22日放送の BSテレ東番組で、衆院解散・総選挙の 時期に関し、2024年9月の 自民党総裁の任期満了前に 踏み切る可能性を示唆したそうです。 防衛費増額に伴う増税を含む政策を 進めるため衆院選で国民の信任を 得てから2期目に入るべきではないかと 問われ「もちろんそうだと思う。 ただそのためにも、まずは具体的に 何をするのかが問われている」と述べた。 …

続きを読む

日本共産党

共産党の元職員で今も党員の 男性が19日に都内で会見を開き、 「党首公選」の必要性を訴えたそうです。 志位和夫委員長が20年以上にわたって 在任していることに異を唱えた形で、 内部から執行部批判が出るのは異例だ。 この男性は、松竹伸幸氏(67)。 党職員時代は党政策委員会の 安保外交部長などを務めたという。 会見で党の閉鎖性を指摘したうえで、 「現場の党員の声が表に出…

続きを読む

学部新設の基準

文部科学省は17日、学生数が定員の5割以下の 学部がある大学について、学部の新設を 認めないとする認可基準の改正案を 発表したそうです。 2025年度の開設分から適用する。 大幅な定員割れが続く大学が、 安易に新学部を開設することを防ぐのが狙いだ。 政府の教育未来創造会議は昨年5月、 学生確保の見通しが十分ではない 大学や学部について「大学全体としての 規模を抑制する…

続きを読む

水道橋博士氏 参院議員を辞職

れいわ新選組の水道橋博士参院議員が 16日、議員辞職したそうです。 同日に山本太郎代表が国会内で発表した。 議員辞職届を提出して受理されたそうです。 山本代表は会見で「れいわ新選組の 参院議員水道橋博士氏が本日、議員辞職 いたしました。 本日午前9時半に辞職届けを出されました」と コメントした。 山本代表は、辞職までの経緯として、 水道橋博士自身から、これまでも …

続きを読む

アイリスオーヤマの業績

生活用品大手アイリスオーヤマ(仙台市、非上場)が 12日発表した2022年12月期決算(速報値)は、 グループ30社の売上高(単体合算)が 前期比2・5%減の7900億円、経常利益が 同29・1%減の365億円だったそうです。 グループ業績の公表を始めた13年12月期以降で 減収減益は初めてだそうです。 売上高(参考値)だけでみると、グループ会社を つくった1990年から…

続きを読む

世界成長率

世界銀行は10日発表した最新の世界経済見通しで、 2023年の世界全体の実質成長率を1.7%と 予測したそうです。 先進国の中央銀行による利上げや 長引くロシアのウクライナ侵攻などが響き、 22年6月時点の前回予測から1.3ポイントの 大幅な下方修正となったそうです。 日本は0.3ポイント引き下げ、1.0%を 見込んだ。 世界経済悪化による貿易の縮小などが 打撃となる…

続きを読む

紅白歌合戦の視聴率

年末の風物詩がいよいよ土俵際に 追い込まれたそうです。 2022年の大晦日に放送された「第73回NHK紅白歌合戦」の 視聴率が発表されたそうです。 ビデオリサーチによると、関東地区の平均世帯視聴率は 第1部(19:20~20:55)が31.2%、 第2部(21:00~23:45)が35.3%と、 史上最低を記録した前年2021年の34.3%(第2部)を 辛うじて上回ったも…

続きを読む

中国からの入国者

水際対策が強化されてからの 1週間で、中国からの入国者への 空港検疫での検査で新型コロナの 陽性者が400人を超えたことが わかったそうです。 厚生労働省は水際対策の強化が 始まった先月30日からきのうまでの 1週間に、中国からの入国者などで 4895人が検査を受けたと発表した。 このうち新型コロナ陽性だった人は約8%に あたる408人だった。 半数以上は無症状だっ…

続きを読む

中国春節

中国オンライン旅行大手、携程集団 (トリップドットコム・グループ)は 5日、21~27日の春節(旧正月)の 大型連休の海外旅行予約件数が前年の 春節と比べ6.4倍に増えたと発表したそうです。 平均金額も32%増えたという。 行き先は多い順にオーストラリア、 タイ、日本と続いた。 オーストラリアのメルボルンは 50倍以上、バンコクは10倍以上に増えた。 中国は8…

続きを読む

アメリカのインフレ

記録的なインフレが襲ったアメリカでは、 円安とのダブルパンチで、 そば1杯が3000円を超えるまで 値上がりしたそうです。 インフレを抑え込むため行っている 利上げで、リセッションへの懸念が 高まるアメリカ。 2年のアメリカ経済は、記録的な インフレに見舞われた年でした。 6月の消費者物価指数は前の年の 同じ月と比べて9.1%上昇し、 円安ドル高も1ドル151円台ま…

続きを読む

4630万円誤振り込み裁判

山口県阿武町が誤って1人の住民に 4630万円を振り込んだ事件で、 誤ったものと知りながら別の口座に 振り込み、不法に利益を得たとされる 田口翔被告(24)の裁判が27日、 山口地裁であったそうです。 論告で検察は「正当な権限がないのに、 不当な利益を得たのは明らか。 被害結果は重大。自己中心的な犯行で、 酌量の余地はない」として、 懲役4年6か月を求刑しました。 …

続きを読む

芸能リポーターの仕事

テレビ各局の番組で芸能リポーターが 出演しているのをあまり 見なくなってしまったそうです。 テレビ各局の芸能ニュースへの 向き合い方の変化により、リポーターの 仕事が徐々に減ってしまったそうです。 ひと昔前なら、週刊誌に出た記事を めぐって各局が当事者を直撃して 独自のVTRを作ったりしていたため リポーターが必要不可欠だったそうです。 ところが、年々、芸能ニュー…

続きを読む

ヒカルの1億円企画”がピンチ

YouTubeの黎明期から活動し、チャンネル登録者数 486万人を誇る人気ユーチューバー・ヒカルに ピンチが訪れているそうです。 「12月1日から公開した『下剋上』という 企画が大コケしたそうです。 制作費1億円という謳い文句で、多額の借金を 抱えた志願者たちが1000万円の賞金を 懸けたさまざまなゲームに挑戦する内容ですが、 全6話で平均再生回数はわずか89万回だったそ…

続きを読む

吉村洋文知事が再出馬

大阪府の吉村洋文知事(47)は20日、 任期満了に伴って来年4月9日に 実施される府知事選について、再選を めざして立候補する意向を表明したそうです。 大阪市内で開かれた大阪維新の会の会合で語った。 吉村氏は2019年の知事選で当選し、現在1期目。 新型コロナ対応では、全国に先駆けて 警戒のための独自基準「大阪モデル」を 打ち出し、発信力を高めた。 一方で、うがい薬…

続きを読む

内閣支持率が下落

毎日新聞は17、18の両日、全国世論調査を 実施したそうです。 岸田内閣の支持率は25%で、11月19、20日の 前回調査の31%から6ポイント下落し、 2021年10月の政権発足以降最低と なったそうです。 不支持率は69%で前回(62%)より 7ポイント増加した。 岸田文雄首相が防衛費増額の財源について、 1兆円強を増税で賄う方針を示したことが 支持率低下につ…

続きを読む

「年賀状じまい」企業にも

SNSの普及を背景に個人の年賀状の 利用が減る中、企業にも取引先への 送付を取りやめる動きが広がっているそうです。 環境意識の高まりに加え、コロナ禍で テレワークが浸透し、オフィス宛てに 送る意味合いが薄れていることも 影響しているようだ。 一部の企業からは「廃止する大義名分が立ち、 負担を減らす良い機会」との声も漏れているそうです。 「年賀状など紙のあいさつ状の送…

続きを読む

割れる自民、統一選に追い打ち

岸田文雄首相が防衛力強化の 財源確保に向けて打ち出した 増税方針を巡り、自民党内の 対立が続いているそうです。 14日の党税制調査会小委員会では、 首相の方針通り年内の税目決定を 支持する声が出た一方、「拙速だ」と して見送り論も目立ち、決着しなかった。 強引に決めれば不満が残り、ぶれれば 首相の指導力に疑問符が付く。 来春の統一地方選への悪影響は避けられそうにない。…

続きを読む

書店ゼロ、市町村の26%に

書店のない市町村が全国で26.2%に 上ることが出版文化産業振興財団(JPIC)の 調査で8日、分かったそうです。 全国1741市区町村のうち456市町村が 書店の空白域となっている。 人口減少による経営難や活字離れ、 スマートフォンの普及による 娯楽の多様化が背景にあり、全国の 書店数はこの10年で約3割も減少。 地方では文化発信の場が失われるとの懸念も強い。 …

続きを読む